スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金の『過払い』を自分で立証する方法  

前回に続き借金「利息の過払い」を取り返す話をいたします。



借金「利息の過払い金」の返還請求ですが、債務者自身でそれを行うことためには、まず「過払い」があることを立証する必要があります。


そこで、貸金業者に過去の取引履歴の開示を請求するのです。


その場合、電話ではなく、必ず書留郵便、内容証明郵便などを使って、文書で請求いたします。


文書で請求をしておけば、もし、訴訟になった場合でも取引履歴の不開示に基づく損害賠償請求をする際の証拠として使うことができるからです。


また、電話やFAXに比べて、書留内容証明は、貸金業者に対するプレッシャーともなりますので、こちらを利用されますことをおススメいたします。





312万もあった借金が、ゼロになるどころか、70万戻ってきた!?
知識ゼロから始める「自力で借金解決」57のノウハウ









借金整理のキーワード■
借金 相談 返済 方法 地獄 消費者 金融 一本化 時効 副業 パチンコ 問題 整理 キャッシング 保証人 苦 癖 踏み倒し 任意整理 解決 パチスロ 取立て 計画 自己破産 取り立て まとめ 債務整理 自殺 ギャンブル 調査 返済法 無料相談 相続 回収 スロット 借り換え 悩み 多重債務 緊急 融資 依存症 ブラックリスト 完済 返済術 救済 裏技 弁護士 風俗 過払い 利息制限法 特定調停 サラ金 ヤミ金 闇 カード 車 ショッピング 主婦 学生 年金 まとめ 弁護士 司法書士 出資法 自分でやる 時効 銀行 無くす SBI 優先順位 親戚 悩み 計画 返還請求


■「借金整理の鉄人」トップページに戻る■

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seirijutsu.blog89.fc2.com/tb.php/13-2c01ea75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。